バレーボールVリーグ1部女子(2日・金沢市のいしかわ総合スポーツセンター=北國新聞社後援)東地区6位のPFUブルーキャッツは同1位の埼玉上尾メディックスと対戦し、1―3で敗れた。観衆776人の熱気を背にホーム最終戦に挑んだものの、地力の違いを見せつけられ開幕17連敗となった。

 PFUは第1セット、チャッチュオン・モクシーのサービスエースを皮切りに6―1とリードしたが、「相手のサーブに対応できず」(加藤陽一監督)に2度の5連続失点を喫して逆転された。第3セットは江畑幸子やモクシーらのスパイクでセットを奪う粘りを見せたが、第4セットは攻守で圧倒された。

 ブロック...    
<記事全文を読む>