「スポーツ!北海道フォーラム 北海道のeスポーツ その可能性と課題」(北海道新聞社主催)が17日、札幌市中央区の道新ホールで開かれました。コンピューターゲームで対戦するeスポーツは、昨年のインドネシア・ジャカルタでのアジア大会で公開競技として行われ、今秋の茨城国体でも文化プログラムとして実施されるなど注目を集めています。フォーラムでは、早稲田大スポーツ科学学術院の原田宗彦教授(64)と、日本eスポーツ連合の浜村弘一副会長(58)が基調講演。その後のパネルディスカッションは、原田教授が司会をし、浜村副会長と、茨城県国体・障害者スポーツ大会局の石田奈緒子局長(58)、日本サッカー協会の岩上...    
<記事全文を読む>