フットサルの全国リーグ・Fリーグは24日、1部と2部の入れ替え戦プレーオフ第2戦を東京・駒沢屋内球技場で行った。1部最下位の浜松は2部1位の長野に1―4で敗れ、2部降格が決まった。
 浜松は前半、山田のドリブルや、パス回しから好機をつくったが得点できず、両チーム無得点で試合を折り返した。
 浜松は後半1分にコーナーキックから先制を許すと、単純なミスを連発し、12、16分にも失点。17分に野嶋が1点を返したものの、19分に4点目を奪われて力尽きた。

 長野 4(0―0 4―1)1 浜松
 ▽得点者【長】石関、北原、伊藤、有江【浜】野嶋

<記事全文を読む>