新潟県妙高市出身で冬季五輪のクロスカントリー競技に出場経験のある3氏によるスキーの体験・指導会が23日、同市の赤倉観光リゾートクロスカントリーコースで開かれた。地元の小学生29人が参加し、オリンピアンの技術を学びながらクロスカントリーに親しんだ。

 ジュニア世代にスキーの魅力を発信することで競技人口の底上げを図ろうと、市などが主催した。講師は、1994年リレハンメル五輪から4大会連続出場の横山寿美子さん(44)、2006年トリノ五輪代表の駒村俊介さん(39)、トリノ五輪から3大会連続出場の恩田祐一さん(38)が務めた。

 子どもたちは、レベル...    
<記事全文を読む>