日本ハンドボールリーグ(JHL)の琉球コラソンは23日、福井県の北陸電力福井体育館フレアで北陸電力と対戦し、24―24で引き分けとなった。4試合ぶりに勝ち点1を獲得した。通算成績は1勝2分け17敗となった。次戦は24日、福井県の北陸電力福井体育館フレアでトヨタ紡織九州と対戦する。

北陸電力 3勝2分け15敗
 24―24(12―10,12―14)
琉球コラソン 1勝2分け17敗

◇価値ある「勝ち点1」 ラストプレーで追い付く

 試合終了1秒前、琉球コラソンがラストプレーで追い付き、北陸電力と引き分けた。前回は消極的なプレーで逆に終盤に...    
<記事全文を読む>