2020年東京五輪で、競技として初めて採用されるスポーツクライミングの最高峰の大会「IFSCクライミング世界選手権八王子2019」の競技日程が、8月11日から22日までと決まった。会場は、世界大会開催の実績がある八王子市狭間町の市総合体育館(エスフォルタアリーナ八王子)。大会の成績によって東京五輪の出場枠の一部が決まるため、熱い戦いが期待される。

 (萩原誠)

 日程は、日本山岳・スポーツクライミング協会(JMSCA)の八木原国明会長と八王子市の石森孝志市長が二十二日、市役所で記者会見し、発表した。

 昨年の世界ユース選手権でジュニア男子の二種目を制し、クライミン...    
<記事全文を読む>