卓球のTリーグは21日、沖縄県宜野湾市立体育館などで男女各1試合が行われた。男子で2位の岡山リベッツは4位琉球を3―1で下して5連勝。勝ち点を41(12勝8敗)に伸ばし、1試合を残して上位2チームによるファイナル(3月17日・両国国技館)進出を決めた。初代王者の座を懸け、東京と対戦する。リベッツは暫定首位に浮上した。

 リベッツは琉球戦でダブルスの上田、森薗組が1―2で競り負けたが、シングルスで林鐘勲(韓国)が陳建安(台湾)に3―1で勝利。続く森薗が丹羽とのフルゲームを制すと、最後は17歳の林〓儒(同)がストレートで荘智淵(同)を退けた。(〓は日ヘンに句の口が二)...    
<記事全文を読む>