「やった」「勝ったぞ」―。19日に日本製紙アイスアリーナ(釧路市)で行われたアイスホッケーアジアリーグのプレーオフ(PO)第1ラウンド最終戦。クレインズは宿敵王子イーグルスを延長戦の末1―0で下し、応援に声をからしたファンたちは大きな勝利に喜びを爆発させた。

 負ければ最後の公式戦。クレインズの勇姿を目に焼き付け、勝利を声援で後押ししようと開場前から約450人が列をつくった。

 ファン歴約30年という旭川市の会社員香西文彦さん(53)は「昔は弱いチームで応援しがいがあった。逆王手ほど強いものはない。きょうは決めてくれると思います」と期待した。

 今季...    
<記事全文を読む>