近代五種の日本代表、山中詩乃(自衛隊体育学校=山田高出)がこのほど、来年の東京五輪をPRするため帰高していた。今秋には同五輪のアジア・オセアニア地区予選が控えており、ロンドン五輪以来2大会ぶりの出場権獲得を目指す。山中は「大勢の観客がいる五輪は特別な大会。また、味わいたいし、自分が出ることで高知を盛り上げたい」と意気込んでいる。

  
 
 昨年は、年間5戦前後行われるワールドカップ(W杯)の成績上位者で争う6月のファイナルで、日本人選手として初めて6位入賞を果たした。ただ大きく飛躍した一方、終盤は故障に苦しんだ。
 
 9月の世界選手権直前に左脚...    
<記事全文を読む>