川崎新田ボクシングジム(川崎市多摩区)に所属する前日本フライ級王者で、IBF(国際ボクシング連盟)世界フライ級4位の黒田雅之選手(32)が5月に2度目の世界戦に挑むことが18日、発表された。地域貢献活動などにも積極的で、夢を諦めなかった男は「今までの40戦は予行練習。その答えが出る」と並々ならぬ覚悟をのぞかせた。

 2013年2月27日、川崎市とどろきアリーナ(中原区)は、世界チャンピオンの誕生を期待する約2500人で熱気に包まれた。世界フライ級のタイトルマッチに臨んだ黒田選手は最終ラウンドまで打ち合ったが、判定0-3で敗れた。「見なくてもひどかったことは分かるから」。この...    
<記事全文を読む>