バドミントンのS/Jリーグのプレーオフは17日、さいたま市のサイデン化学アリーナで決勝が行われ、女子は再春館製薬所が、高橋礼華、松友美佐紀組(宮城・聖ウルスラ学院英智高出)を擁し2連覇を狙った日本ユニシスに2-1で勝ち、2季ぶり2度目の優勝を果たした。男子はトナミ運輸がNTT東日本を2-1で退け、3季連続9度目の頂点に立った。
 再春館製薬所は1-1で迎えた第2ダブルスで志田千陽(青森山田高出)、松山奈未組が勝利。トナミ運輸は園田啓悟、嘉村健士組らダブルス2組が白星を挙げ、NTT東日本はシングルスの桃田賢斗(福島・富岡高出)による1勝にとどまった。

◎タ...    
<記事全文を読む>