第74回国体冬季大会スキー競技会最終日は17日、札幌市の白旗山競技場などで距離と大回転が行われ、県勢は距離成年男子40キロリレーで2位に入った。長野県の男女総合(天皇杯得点)は、前回から25点減の158・5点で2位。2年連続の1位はならなかった。

 成年男子リレーは、4番手でスタートした3走の柏原暢仁(自衛隊)がトップに立ち、アンカーの上村亮介(さくら不動産+スキースターズ長野)が2位でゴールした。少年男子大回転で小山慧(地球環境高)が4位に入り、少年男子40キロリレーは5位だった。

 男女総合は、北海道が175点で3年ぶり58度目の優勝を果...    
<記事全文を読む>