また勇姿を見られる―。17日に日本製紙アイスアリーナ(釧路市)で行われたアイスホッケーアジアリーグのプレーオフ(PO)第1ラウンド第2戦で、貴重な勝利をつかんだ日本製紙クレインズ。声をからして応援し続けたファンも、選手たちとともに喜びをかみしめた。

 会場入り口には開場の約3時間前の午前10時半からファンが並んだ。釧路市立湖畔小2年の林冬馬君(8)は「きょうは5点ぐらい取ってほしい」。大学時代を釧路で過ごした会社員の鎌塚さとみさん(29)=東京都=は「1週間休みをとって釧路に来たのでとにかく勝って」と話した。

 この日のスタンドでは、武修館高野球部の33人が私設...    
<記事全文を読む>