池江璃花子選手の白血病公表を受け、過去に白血病を克服した経験があるハンドボール男子日本リーグの北陸電力元選手、宮川大さん(42)=福井県坂井市=が「痛いほど気持ちが分かる。自暴自棄にならず、周りの助けを支えに治療に専念してほしい」とコメントを寄せた。

 宮川さんは県立金津高校で競技を始め、1995年に北陸電力に入社。ハンドボール選手として順調に力を付けたが「レギュラーに届きそうだった」99年に体のだるさを覚え、病院で白血病を宣告された。

...    
<記事全文を読む>