日本人で初めてアルペンスキーのワールドカップ(W杯)の表彰台に上がった岡部哲也さん(53)=小樽市出身=が16日、札幌市で開かれている冬季国体スキー競技会に出場した。胆振東部地震の復興途上にある北海道に「元気になってもらいたい」と、24年ぶりにレース復帰を決断。大会直前に腰の骨を折る大けがを負いながら不屈の滑りをみせた。

...    
<記事全文を読む>