カーリング世界選手権代表を懸けた日本選手権の第5日は16日、札幌市どうぎんカーリングスタジアムで1次リーグ最終戦とプレーオフ1回戦が行われた。女子は同1回戦で1次リーグ1位の中部電力が平昌五輪銅メダルのロコ・ソラーレ(同2位)を8―5で破り、決勝へ駒を進めた。4大会ぶりの優勝を狙う同4位の北海道銀行は9―7で前回優勝の富士急(同3位)に競り勝ち、ロコ・ソラーレとの準決勝に進んだ。

...    
<記事全文を読む>