卓球のTリーグは16日、岡山市の岡山武道館などで男女各1試合が行われ、男子で2位の岡山リベッツは首位東京に4―0で快勝し、チーム初の3連勝を飾った。通算10勝8敗で、勝ち点は4を加えて35に伸ばした。順位は2位のまま。

 リベッツはダブルスの上田、森薗組が張本、田添組を2―1で下すと、シングルスは李尚洙(韓国)が元中国代表の侯英超、林〓儒(台湾)が張本、吉村が大島をいずれもストレートで破った。(〓は日ヘンに句の口が二)

 東京は12勝6敗で勝ち点40。

 リベッツは次戦の17日、岡山武道館で3位彩たまと対戦する。
<記事全文を読む>