十五日開幕したラグビーの国際リーグ「スーパーラグビー」(SR)。ラグビーワールドカップ(W杯)が日本で開催される今季、SR参入四季目になる日本のプロチーム「サンウルブズ」は十六日、シンガポールでシャークス(南アフリカ)との初戦を迎える。サンウルブズは今季から市原市内で合宿を行っており、市民や熱心なファンの姿が見られた。

 練習二週目となった一月二十八日の「市原スポレクパーク」。今季初加入した山下裕史選手(神戸製鋼)ら選手三十五人や外国人練習生ら七人が実践形式で攻守の連携を確認した。

 この日、練習を見守ったのは約三十人。地元のタグラグビーチームに所属する同市立五...    
<記事全文を読む>