第74回国民体育大会冬季大会スキー競技会「イランカラプテくしろさっぽろ国体」第2日は15日、札幌市のサッポロテイネなどで行われ、大回転成年男子Aの光井恭平(キープワン)が1分6秒56で初優勝した。大回転成年男子Aの岐阜県勢優勝は、1998年岩手の井上春樹以来2人目。

 過去、国体では3位が最高だった光井は、12番滑走の好位置を生かし、滑らかなターンで完走。2位の選手に0秒28競り勝ち、悲願の優勝を果たした。成年男子Bの上町智(中津川二中教)が9位と惜しくも2年連続の入賞を逃した。

 距離は、成年男子B10キロクラシカルの成瀬開地(岐阜日野自動車)が27分24秒3...    
<記事全文を読む>