第74回国民体育大会冬季大会スキー競技第2日は15日、札幌市内の各競技場で行われ、県勢はジャンプ成年男子Aの内藤智文(県競技力向上対策本部)とクロスカントリー成年女子A5キロクラシカルの滝沢こずえ(同)、大回転成年女子Aの伝田佳代(古河市協会)の3選手が優勝を飾った。これまでスキー競技の県勢最高順位は3位。初めての優勝者が一気に3人誕生する快挙となった。

 ジャンプの内藤は1本目の95・5メートルで2位の好位置につけると、2本目に最長不倒の99メートルで逆転し、「やっと優勝できた」と喜んだ。クロスカントリーの滝沢は冷静なレース運びで競り勝ち、「支えてくれた茨城に結...    
<記事全文を読む>