第74回国体冬季大会スキー競技会(イランカラプテくしろさっぽろ国体)は14日、札幌市の札幌文化芸術劇場で開始式が行われて開幕した。15日から17日まで、同市のサッポロテイネなど3会場で熱戦が繰り広げられる。

 14日はジャンプの公式練習が行われ、群馬県勢4人はそれぞれ2本の飛躍で本番に向けて調整した。今月のインターハイ複合で優勝した少年男子の小林朔太郎(長野原高)は風の影響で2本目の距離を伸ばせなかったが「踏み切りのタイミングを修正すれば大丈夫」と力強かった。

...    
<記事全文を読む>