第74回国民体育大会冬季大会のスキー競技会は14日、札幌市の札幌文化芸術劇場で開始式を行い、開幕した。15日から3日間にわたり同市内で、アルペン大回転、距離、ジャンプ、複合の各種目が実施され、県勢が全国の頂点を目指し奮闘する。

 開始式には本県選手団から本部役員と、旗手としてアルペン大回転成年男子Cの叶靖長(神町自衛隊スキーク)が出席した。青森県を先頭に各都道府県の旗手が1人ずつ入場し、叶は5番目に登場。観客の拍手の中、県旗を掲げ堂々と行進した。

 15日はアルペン大回転の成年男子A、同B、成年女子A、距離の成年男子A、同B、同C、少年男子、...    
<記事全文を読む>