2018年度の兵庫県スポーツ優秀選手賞、県体育協会表彰、県障害者スポーツ協会表彰の授与式が13日、神戸市長田区の神戸常盤アリーナであり、国内外で好成績を収めた選手や指導者ら延べ899人と3団体が、それぞれの栄誉を受けた。

 パラリンピック水泳で北京とロンドンの2大会に出場し、日本で初めて義手の看護師となった伊藤(旧姓野村)真波さん=兵庫県伊丹市=が、授与式に続き「あきらめない心」と題して講演した。

 静岡県出身の伊藤さんは、看護専門学校生だった20歳のとき、バイク事故で右腕を失った。義手を作るため県立総合リハビリテーションセンター(神戸市)に入院中、車いすバスケ...    
<記事全文を読む>