カーリングの第36回日本選手権第2日は13日、札幌市のどうぎんカーリングスタジアムで男女の1次リーグを行い、女子の中部電力は北海道勢のチーム札幌に9―4、CP帯広に9―1で連勝し、4戦全勝とした。

 北佐久郡軽井沢町出身者2人がいる男子のコンサドーレは、同じ北海道勢のチーム松沢に9―2、名寄協会に8―2でそれぞれ快勝し、3戦全勝。男子の長野県CAは北見工大(北海道)に延長の末、8―9で競り負け、1勝2敗となった。

 平昌五輪女子銅メダルのロコ・ソラーレ(北海道)は2勝1敗とした。

(2月14日)

...    
<記事全文を読む>