第74回国民体育大会冬季スキー競技会は14日、札幌市の札幌文化芸術劇場で開始式を行う。開幕に先立ち、県選手団は13日、同市内の宿泊施設で結団式に臨み、選手ら約50人が2年ぶりとなる天皇杯(男女総合優勝)と皇后杯(女子総合優勝)の獲得を誓った。

 本県は昨年、天皇杯が4位、皇后杯は2位。小笠原直樹団長(県体育協会会長)は「目標は言うまでもなく天皇杯、皇后杯を奪い返すこと。本県選手団にはその力が備わっている。全力を尽くしてさっそうたれ」と激励した。

 畠山芳彦総監督(県スキー連盟競技本部長)が小笠原団長から団旗を受け取り、開始式で旗手を務める大回...    
<記事全文を読む>