ライフル射撃競技で、全国トップの実力を誇る小学生が横須賀市内にいる。昨年は上位入賞を重ね、秋に開かれた全国大会では、大会新記録をたたき出して頂点にも立った。両親に支えられながら、照準の先に見定めるのは、将来の「エアライフル」五輪代表だ。

 昨年10月に新潟県で行われた「全日本小中学生ビームライフル射撃競技大会」の小学生の部で優勝したのは、市立明浜小学校6年のギャンビル・ウィリアム海音(かいと)さん(12)。くりはま花の国(同市久里浜)の射撃場に休場日以外の毎日、通っている。

 ビームライフルは、ライフルから放つ電子ビームを10メートル先の的に当て、得点を競う。五...    
<記事全文を読む>