静岡県自転車競技連盟は9日、全国の競技者が集う大会「ワンデイ・トラックレースウインターシリーズ」の第3戦を伊豆市の伊豆ベロドロームで開いた。各種目に計136人が出場し、実力を試した。
 出場者はエリート(19歳以上)やジュニア、マスターズなどに分かれ、男女別でタイムトライアルやケイリン、オムニアムなどの種目に臨んだ。高校や大学年代の実力者も数多くそろい、白熱したレースを繰り広げた。
 同大会は5年目で、第3戦が2018年度の最後となる。
 伊豆ベロドロームは今後、2020年東京五輪・パラリンピックの開催に向けて改修工事に入る予定で、競技大会はしばらく行われ...    
<記事全文を読む>