かつて「世界一」の座に輝いた男たちが徳島県内にいる。1人はBMX(バイシクル・モトクロス)、もう1人はアームレスリングの競技だ。一線を退いていた2人は今、新たな挑戦に向けて動き出した。再び世界の舞台を目指して。

 BMX森崎弘也さん 「五輪」夢じゃない

 20インチの自転車を使用し、平地で技の難易度や独自性を競い合う自転車競技の一種「BMXフラットランド」。藍住町奥野の森崎弘也さん(41)は2007年、3カ国で開かれた同競技史上初の世界サーキットで初代総合王者に輝いた。

 その後も国内外の大会を転戦し、スポンサー契約や世界各地でのイベント出演など、プ...    
<記事全文を読む>