ボクシングの日本女子フライ級初代チャンピオン、池本夢実(琉球ジム、琉球大4年)が10日、静岡県榛原郡川根本町・本川根B&G海洋センターでOPBF東洋太平洋の元バンタム級3位のグレテル・デ・パス(フィリピン)と対戦する。世界タイトルの前哨戦として、また過疎化が進む故郷での凱旋(がいせん)試合として行う。戦績は池本が7戦6勝1敗、グレテルが10戦5勝(2KO)4敗1分け。「川根のおじいちゃん、おばあちゃんたちに頑張りを見せたいし、へき地でも関係なく、夢をかなえることができると子どもたちに伝えたい」。周囲の協力に感謝し、視線の先に世界タイトルを見据えて必勝を期す。

 (石井恭子)
<...    
<記事全文を読む>