日本ラグビー協会は7日、来季のトップリーグ・カップ(TL杯)の概要を発表し、6~8月にTL16チームと下部のトップチャレンジリーグ(TCL)8チームの計24チームで実施することとなった。

 1次リーグは6チームずつ4組に分けて1回戦総当たりで行われ、各組1位が準決勝に進む。今季、TCL7位の釜石シーウェイブス(SW)RFCはプールCに入った。トヨタ自動車(今季TL4位)、クボタ(同7位)、キヤノン(同12位)、コカ・コーラ(同16位)、三菱重工相模原(今季TCL2位)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>