今年9月に開幕するラグビーW杯日本大会へ向け、日本代表は4日からの合宿でW杯イヤーを始動させた。ちょうど20年前、1999年のW杯で、外国出身選手として初めて日本の主将に就き、チームを率いたのがアンドリュー・マコーミックさん(52)。前例のなかった「外国出身主将」で批判もされたというが「(自分が)外国人だと考えたことはない。チームを言葉でも背中でも引っ張った」。日本の良さを理解し、細やかな心配りで桜のジャージー集団をまとめ上げた好漢が、第二の母国とも言える日本でのW杯を前に当時を振り返った。

 (対比地貴浩)

 98年2月。日本選抜として強豪のオーストラリア首都圏代表戦に臨む...    
<記事全文を読む>