今秋に横浜で決勝など7試合が実施されるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の成功を祈願するキックオフイベントが3日、関係者ら約250人が出席して横浜市中区の大さん橋ホールで開かれ、7カ月後に迫った大会開幕へのムードを盛り上げた。

 主催した県ラグビー協会の丹治明会長は、横浜や海老名、小田原がW杯の事前・公認キャンプ地として各国代表チームを迎えることに触れながら、「W杯が成功裏に終わり、ラグビーという競技が認知され、醍醐味(だいごみ)が知られ、さらに進化して愛されるスポーツになることを信じている」とあいさつ。

 2017年女子ラグビーW杯アイ...    
<記事全文を読む>