北海道釧路市で3日まで行われた第74回国体冬季大会スケート、アイスホッケー競技会で、県勢はスケート競技の男女総合(天皇杯得点)で4年連続7度目、女子総合(皇后杯得点)で4年連続18度目の優勝を果たした。

 最終日の3日は県勢が大活躍。ショートトラック成年女子3000メートルリレーは後続に大差をつける圧勝で4連覇を達成した。スピードでは成年男子1000メートルで小島良太(信州大)が初優勝し、少年女子3000メートルは福岡歩里(東海大諏訪高)、百瀬愛美(岡谷東高)が1、2位を占めるなど5種目を制した。

...    
<記事全文を読む>