【北海道釧路市で本社取材班】国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会最終日は3日、釧路市柳町スピードスケート場などで行われ、本県はスピード成年女子3000メートルで阿部真衣(岩手ファーム)が3位に入り、7年連続入賞を果たしたのを筆頭に8種目で8位内に入る入賞ラッシュとなった。

 2000メートルリレーの本県は少年女子が4位、少年男子と成年女子が6位に入り、全4種別入賞を達成した2017年以来、2年ぶりに3種別入賞を遂げた。成年男子5000メートルは17年の覇者、渡部知也(シリウス)が7位に食い込み連続入賞を4年に伸ばした。

 少年女子では1000メートル...    
<記事全文を読む>