昨年10月に開幕した卓球の新リーグ「Tリーグ」の男子公式戦が2日、苫小牧市総合体育館(末広町3)で行われた。苫小牧開催は初めてで、苫小牧市出身でリオデジャネイロ五輪男子団体銀メダリストの丹羽孝希選手=琉球アスティーダ(沖縄)=が出場。大勢の来場者が世界トップレベルの技術にくぎ付けとなった。

 この日は琉球(4位)と岡山リベッツ(3位)が対戦。丹羽選手は第2試合のシングルスで札幌市出身の吉田雅己選手と対戦した。大勢の観客が「GO!GO!KOKI!」と書かれた応援ボードを掲げる中、丹羽選手は代名詞とされるバックハンドの攻撃的レシーブ「チキータ」を随所に披露。試合はフルゲームの第...    
<記事全文を読む>