2018年度(第56回)福井新聞スポーツ賞の贈呈式は2月2日、福井新聞社・風の森ホールで行われ、過去最多となる選手や指導者ら103人、25団体を表彰した。昨秋に開催された福井しあわせ元気国体・福井しあわせ元気大会(全国障害者スポーツ大会=障スポ)の国体福井県選手団が大賞に輝き、障スポ福井県選手団が特別賞を受賞した。

 国内外の大会で好成績を収めた選手や競技力向上、普及に貢献した指導者らが対象。式には、功労賞に選ばれた福井県卓球協会理事長の今村邦昭氏をはじめ約100人が出席した。

 冒頭のあいさつで福井新聞社の吉田真士社長は「福井国体、障害者スポーツ大会の活躍によ...    
<記事全文を読む>