第十九回全日本パラ・パワーリフティング国際招待選手権大会(日本パラ・パワーリフティング連盟主催)が二日、二日間の日程で八王子市の日本工学院八王子専門学校で始まった。男子十階級、女子八階級に過去最多の計五十一人が出場。ラオスなど海外からの招待選手も参加した。会場を提供した同専門学校が大会運営にも協力し、学生らが裏方役を務め大会を支えた。

 (加藤行平)

 今大会は来年夏の東京パラリンピックの出場権獲得に必須の国際大会への選手選考につながり、東京パラを目指す選手には重要な大会。大会の様子は墨田区の東京スカイツリータウンで行われたパブリックビューイングでも伝えられた。

...    
<記事全文を読む>