第七十四回国民体育大会冬季大会「イランカラプテくしろさっぽろ国体」は三日目の一日、スピードスケートの少年男子1万メートルで三井晃太選手(東京都市大塩尻高一年)が優勝、松本一成選手(諏訪実業高一年)が準優勝に輝いたほか、少年女子500メートルで両角(もろずみ)ほのか選手(東海大諏訪高三年)が三位になった。

 

 少年男子500メートルは、菊池岳仁選手(岡谷南高三年)が四位、油井威一郎選手(長野市立長野高三年)が六位入賞。少年女子500メートルは、高橋莉子選手(小海高三年)が七位で入賞した。

 予選では、少年男子1000メートルは大門飛路(ひいろ)選手(岡谷東高三年)...    
<記事全文を読む>