二〇二〇年東京五輪・パラリンピック期間中の渋滞対策として、国、東京都、大会組織委員会が、首都高速道路の通常料金に上乗せして課金する「ロードプライシング」の導入を目指して本格検討に入ることが一日、分かった。六日に専門家を交えた「交通輸送技術検討会」で協議し、交通量抑制効果が見込める課金額や、対象時間帯などの検討を進める見通し。今春にも一定の方向性を出すとみられる。

 組織委と東京都は、大会期間中に対策を講じなければ、選手や関係者の輸送ルートとなる首都高の渋滞は現状の約二倍近くにまで悪化すると想定。テレワークの推進や物流の抑制、配送時間の変更などで交通量を減らす「交通需要マネジ...    
<記事全文を読む>