ハンドボールの第70回日本選手権(男子の部)第3日は31日、熊本県の山鹿市総合体育館で3回戦4試合があった。佐賀県勢は日本ハンドボールリーグのトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)が北陸電力(福井)に26-25で競り勝ち、準々決勝に進んだ。

 トヨタ紡織九州は前半、攻撃のミスが続いて追いかける展開になった。8分に最初のタイムアウトを取って立て直すと、CB田中大介、RB松浦慶介の連続得点で5-5の同点に追い付いた。その後は一進一退の攻防を見せたが、終了間際に失点し、13-14で折り返した。

 後半は新加入のRB李琅鎬(イ・ウンホ)を投入。5分に李のゴールで17-...    
<記事全文を読む>