2日に岐阜市長良福光の長良川競技場で行われる「バローグループpresents 日仏ラグビーチャリティマッチ2019~FOR ALL復興~」(岐阜新聞社、岐阜放送後援)に出場する、日本のトップリーグ選抜の関係者らが31日、県庁を訪れ、古田肇知事に試合を前にした意気込みを語った。

 訪れたのは、トップリーグ選抜のデーブ・ディロンヘッドコーチ(神戸製鋼)と日和佐篤主将(同)。ディロンヘッドコーチは「日頃はリーグで競い合う選手たちだが、一丸となり良い戦いができそう」と手応えを口にした。

 主管する県ラグビー協会の田代正美会長や、男子15人制日本代表の薫田真広強化委員長(...    
<記事全文を読む>