あおむけで胸に付けたバーベルを持ち上げる競技「ベンチプレス」の国内頂点を決める、第19回ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会(日本パワーリフティング協会主催)で、洞爺湖町洞爺湖温泉のベンチプレッサー、斎藤学さん(37)=苫小牧マッスルクラブ所属=が男子93キロ級で優勝し、日本一になった。

 昨年の同大会で、初出場ながら207・5キロを挙げて2位になった。大会は1月19、20の両日、大阪府堺市の大浜体育館であり、93キロ級には18人が出場した。

 昨年の覇者と事実上の一騎打ちとなり、2回目に205キロを挙げると、相手は207・5キロを失敗。気持ちの面...    
<記事全文を読む>