高知県最大の市民マラソン大会「高知龍馬マラソン2019」(高知陸上競技協会、県、高知市、南国市、土佐市、高知新聞社、高知放送など主催)は17日午前9時、高知市の県庁前をスタートする。大会には国内外から、昨年より654人増の最多1万3481選手がエントリーしている。
 
 同市の電車通りから南国市、浦戸大橋を経て、仁淀川河口大橋を渡り、土佐市新居で折り返して春野陸上競技場を目指す42・195キロの日本陸連公認コースで争われる。2年前の大会では1万140人が出走し、大会初の1万人超えを果たした。
 
 レース中、高知市中心部の電車通りや南国バイパスの...    
<記事全文を読む>