福島陸上競技協会は16日、第24回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会で東北勢初の優勝を果たした本県チームの祝賀会を郡山市で開き、選手たちの栄誉をたたえた。

 安西秀幸監督は「これまで積み上げられてきた歴史や土壌があっての優勝だった」と感謝を述べた。続いて、選手たちが1区から順に喜びを語った。

...    
<記事全文を読む>