日本陸連は13日、アジア選手権(4月21~24日・ドーハ)の日本代表を発表した。県勢は男子1500メートルの田母神一喜(中大、学法石川高卒)、同1万メートルの阿部弘輝(明大、学法石川高卒)、同三段跳びの山下航平(ANA、橘高卒)、女子400メートル障害の青木沙弥佳(東邦銀行)の4選手が選ばれた。

...    
<記事全文を読む>