東京五輪マラソン代表選考会グランドチャンピオンシップ(MGC、9月)の出場権を懸けた東京マラソン(3月3日)に、村山謙太(旭化成、宮城・明成高-駒大出)が出場する。マラソン初挑戦だった3年前、後半に失速してリオデジャネイロ五輪代表を逃した因縁の大会だ。「今回は気負わず、力まず、リラックスして走りたい」と自然体で臨む。
 持ち味であるスピードを生かした攻めの走りは封印する。3日の香川・丸亀国際ハーフマラソンで2キロ過ぎに転倒し、右脚を強打したからだ。患部に痛みは残っており、体の状態を見ながら調整を続ける。それでも本人の表情は明るい。「追い詰めず、疲労を抜いて走れということなのか...    
<記事全文を読む>