ドイツのカールスルーエで2日に行われた陸上の室内競技会で、茨城県のアマチュアチーム、つくばツインピークスに所属する男子走り高跳びの戸辺直人(26)=筑波大出身=が2メートル35の日本新記録をマークして優勝した。

戸辺は2メートル33を2回目にクリアすると、2メートル35は3回目に成功した。2メートル37は失敗に終わった。

従来の日本記録は2006年7月の日本選手権で醍醐直幸が跳んだ2メートル33で、13年ぶりの更新となった。

...    
<記事全文を読む>