2020年東京五輪のマラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を懸けた別府大分毎日マラソンは3日、大分市高崎山うみたまご前から大分市営陸上競技場までの42・195キロで行われた。二岡(ふたおか)康平(中電工)が2時間9分15秒で日本勢最高の4位となり、MGC出場権を獲得した。ヒシャム・ラクーアヒ(モロッコ)が2時間8分35秒で優勝した。

...    
<記事全文を読む>