日本財団パラリンピックサポートセンターは2日、3月24日に東京都内で開催される「パラ駅伝inTOKYO2019」に出場する本県チーム「ふじっぴー静岡」の説明会と練習会を島田市の島田球場などで開いた。
 パラ駅伝は、障害のあるランナーと健常者のランナーが、8区間18・736キロをたすきでつなぐ。メンバーは伴走者を含む9人。4回目のことしは、全国から17チームとカンボジアから1チームがエントリーした。
 説明会では選手が一人ずつ自己紹介し、大会への意気込みや陸上に対する思いなどを語った。その後の練習会では、スムーズなたすきリレーの仕方を研究した。
 出場選手は...    
<記事全文を読む>