バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は24日、水戸市青柳公園市民体育館などで6試合が行われ、茨城ロボッツは青森を90-74で退け、3連勝とした。同一カードでの連勝は1月5、6日の熊本戦以来約1カ月半ぶり。通算成績は28勝15敗、順位は東地区2位のまま。

ロボッツは2点リードで迎えた第2クオーター、流れるような攻撃で主導権を握り、21-9と突き放した。第3クオーターに反撃を受けたが、最終クオーターは盛り返した。

中地区首位の信州が仙台を87-78で下して35勝8敗とした。

■茨城ロボッツ・岡村SVC ジャーラが良かった

点差を離して、追...    
<記事全文を読む>